ドケチなおっちゃん?!

もっと、大人に見えていた四十代(笑)。こんなにまだまだ新しい発見が続くなら人生悪くない!!楽しんだもん勝ちでしょ♪

目から鱗!!透明なゆりかご 8話

いやぁ久々に名言と思えるものに出会いました

ドラマ10 透明なゆりかご
総合 金曜 よる10時

の第8回にて

そもそもなんですが、とくにこのドラマをゴリ押ししようとか
こんなすごい名言をどうですか!(ドヤ顔)
って話ではないです

何となく普段感じてたモヤ~~が
スットーン!!と自分の中で腑に落ちたので
つい書かずにはおれなかったといったところです

理解していただくためにドラマを見ていない方に説明しておくと(飛ばしても問題ないです 笑)

ドラマあらすじ
産婦人科での妊婦さんと新しい命とそれに関わる人たちの現実と思いを描いた話
大病院ではなく町の小さな産婦人科医院でのお話です

ただ、今回注目したのは瀬戸康史君演じるイケメン産科医(院長)でも、ちょっと不思議な看護学生を演じる可愛らしい清原果耶ちゃんでもなく

看護師さんお二人のやりとりについてです

一人は院長の大学病院時代からともにやってきた頼りになるお母さん的なベテラン看護師長、榊さん(原田美枝子さん)
f:id:itkh:20180914014118j:plain

もう一人はバリバリ仕事もできて看護師という職業に熱意とやりがいも持っている望月さん(水川あさみさん)
f:id:itkh:20180914014158j:plain

そんな、榊さんと望月さんなんですが
8話の冒頭で望月さんのご懐妊がわかり
医院でも報告して祝福してもらっていたところでした

望月さんは前述した通り仕事に熱意を持っています
自分が自分ではなくなると言われている妊娠中でも普段と変わらず仕事が出来るよう、周囲に迷惑をかけないよう頑張ります
ですが、妊婦さんの点滴の中身を間違えるという普段では絶対にしないミスをしてしまいます
その時は後輩が気付き事なきを得ますが
全員に報告し謝罪します

その後に榊さんに別室に呼ばれ二人っきりでの会話です
お二人の素敵な女優さんの演技なしでどう見えるのか予想もつきませんが
あえてそのまま、文字に起こしてみました

先ずは前半部分ご覧下さい



望月  何か?

榊   えぇ、座って

望月  はい

榊   望月さん、これからは夜勤入らなくて
    いいわ

望月  え?
    いや、大丈夫です
    つわりも、もうじき落ち着いてくると
    思うし

榊   うん、でもね
    いずれ夜勤は出来なくなるでしょう
    小さい子がいると夜中働く訳には
    いかないもん

望月  いやぁ

榊   昼間いてくれるだけで充分助かる
    あなたは、内の看板看護婦だもの

望月  気安め、言わないでください
    産科は24時間体制の職場です
    夜勤が出来ないんじゃ私はもう産科の
    看護婦としてまともに働けないってこと
    じゃないですか?

榊   そんなことはない、あなたが無理したら
    しわよせが子供に行く

望月  私がワガママを言って仕事したら
    子供が可哀想ですか?

榊   まず、物理的によ妊婦の疲労はお腹の
    赤ちゃんに負担がかかる
    わかってるでしょ?

望月  私は榊さんみたいになりたいんです

榊   え?

望月  産科一筋で24時間何時でも駆けて、 
    妊婦さんの力になる
    由比先生が手一杯だったら自分でも
    とりあげる事が出来る
    だから、助産婦の資格もとりたい

沈黙


榊   全部を欲しがっちゃ駄目よ
    あなたは子供を産むことを選んだんだから
    夜勤は河合さんに入ってもらうね




目も見ないで一方的に言い残していく榊さん

言い合いというより、お互いに相手を信頼してるがゆえに何故わかってくれないのか悲しいという複雑な空気でした

いやぁ、表情、目線ふくざつな演技でした(*´д`*)
機会があれば是非見ていただきたいです!

話がそれましたが

その後、由比産婦人科の妊婦さん二人にトラブルが起こります三人目の妊娠を経済的な理由で諦めなければならなかった妊婦さんが、
妊娠によって仕事が思い通りにならないうえに一人目と言うことで不安になり不平不満をもらす妊婦さんを待合室で見かけ
外で見かけた時に押し倒してしまい
一時は赤ちゃんに危険がと病院で救急処置の騒動になりましたが無事一命をとりとめます

押し倒してしまった女性も後悔し反省もしてますが心の叫びのような独り言のような口からでた言葉は
「産めるのに贅沢なのよ」てきな(ごめんなさいうろ覚えです)
そんな言葉を聞いてしまったり、由比先生になだめられたりと心境が変化した望月さんと榊さんが二人きりになった後編に続きます



榊  ごめんなさいね、
   きつい言い方をしたと思う

望月 あ、いえ あたしこそ

榊  はぁ、私は子供は産まないって
   自分の決断が間違っていたとは思わない
   でも、別の道を選んだ人を見るとね
   どうしても考える
   私は正しかったのかな~?って
   
   “女同士ってどうして比べちゃうのかしら”

望月 わかるからじゃないですか?気持ちが
   どんなに立場が違っても
   何となくわかってしまう
   だから、
   
   “比べてるんじゃなくて
   私達は共感してるんだと思います”

榊  そうね


へぇぇぇぇぇ~ってなりました((((゜д゜;))))


???って人ももちろんたくさんいらっしゃるとは思いますが
少なくとも私には考えさせられるものがありました

言葉で説明すると上手くいえないですね(笑)

締めくくり編集中です
すいません